オーダースーツ|PDS|パーソナルデザインスタジオ

  • ホーム
  • 店舗案内
  • スペシャリスト募集
  • お問い合わせ
  • 予約
ファッションを身にまとうこと

それは心を込めた素晴らしいプレゼントを
さらにステキにラッピングするようなもの
内面が充実した貴方だからこそさらに内面を際だたせてくれる美しいラッピングで、周囲の人と過ごす時間と空間は彩られ、コミュニケーションはさらに豊かに広がることでしょう。

そんな貴方だけの個性をひきたたせてくれる
ファッションをご提案します。 ビジネススーツをまとう
  • スーツのあるべき姿
  • スーツのあるべき姿

    日本人がはじめてスーツを身につけたのは19世紀後半のこと。まだ100年ぐらいの話です。スーツがサラリーマンの仕事着として一般に広まったのは戦後のことですから、60年近くになるわけです。 ファッションの流行にあわせ日本のスーツは大きく変化してきました。背広といわれる身体にぴったり合ったタイプから、1980年代に流行ったソフトスーツといわれるような身体をゆったり包むタイプ。 最近ではイタリアンクラシコから発した身体をピッタリ締め付けたようなスーツが若者の身体を包みます。

    ダブルブレステッドとシングルブレステッド、3つボタンと2つボタン。ダブルベンツ、シングルベント。 それぞれに意味がありますが、人の生活スタイルによって変化するのが服飾です。さて、流行を追うべきか追わざるべきか。日本人の生活様式に合わせ変化させるべきか否か。

  • PDSが考えるスーツとは、ビジネスにおいて自分らしさを表現するツールです。つまり、その人の内面を表現するものであり、ビジネス環境にもっとも適しているもの。 それでいて、外見の魅力をさらに高めてくれるものであること。ビジネススーツとは、そんな戦略的外見マネジメントの武器なのです。
  • 自分に合ったスーツを知る
  • 自分に合ったスーツを知る

    PDSが考えるスーツとはビジネスにおいて自分を正確に表現するものであること。面倒だから既成のスーツを適当に買っているのでは問題です。
    既成であっても自分の身体にぴったり合い、自分らしさを表す生地の質感であればそんなラッキーなことはありません。しかしそんな出会いのない人にとってはオーダースーツは自分らしいスーツを身につける早道ということになります。

    自分の体型をちゃんと理解してくれるテーラー、しかも変化にあわせ新たなデザインを提案してくれるテーラーと出会えれば、捜し歩く時間的コストを考えればオーダースーツは既成スーツにくらべ、お値打ちということになるでしょう。

    そんな専属テーラーをもつことが大人の男にとって最高の贅沢です。


  • 生地を選ぶ楽しさ
  • 生地は大きく印象を決めるポイントです。顔で言えば皮膚と同じ。その質感はその人の生活状態を表します。女性が思わずその腕に手を回したくなる質感、頬刷りしたくなるなめらかさ。 一方で相手を跳ねのけるぐらいのパワーを放つ質感。それぞれにその印象があるのです。そんな生地を都度選ぶ楽しさこそ男の遊びの世界と言えるのではないでしょうか。
  • 生地を選ぶ楽しさ
page toppage top
line